バッテリーを節約できるアプリがあるって本当?

0

バッテリーを節約できるアプリがあればいいのにな…

ふと気付けば、自然と手を伸ばしてしまうという人も多いスマホ

私たちの生活にはもはや欠かせないアイテムの一つだと言えるでしょう。

今や電話やメールだけでなく、商品の購入やテレビの視聴、家電の操作までスマホ一つあれば出来てしまう便利な時代。

ですがそうなってくると当然、多くの作業を求められるスマホは常にフル稼働状態

使えば使うほど、すぐ減ってしまうバッテリーは悩みのタネですよね。

おそらく多くの人が直面したことがあるこの問題、解決に導けるアプリがあるのをご存知でしょうか?

バッテリーを長持ちさせる「節電アプリ」を利用して、スマホとの毎日をもっと充実させましょう!

バッテリーを長持ちさせるアプリを紹介!

スマホの節電アプリには、その機能別に大きく分けて約三種類が存在します。

まずバッテリーが一定以下になった時に、Wi-Fiサーチ機能をオフにしたり照明を暗くしたりすることで、バッテリーの消耗を抑える制限系アプリ

次にスマホの使用中に勝手に裏で作動しているアプリなどを強制終了させ、動作の負荷を減らして節電するタイプ

最後はスマホがスリープ状態の時、データの通信回線を遮断し電力の消費を抑えるタイプのアプリです。

自分のスマホの使い方をフォローするようなアプリをインストールしないと、せっかくの節電アプリも無駄になってしまいます。

まずは自分のスマホの使い方を見直すことから始めましょう。

DU Battery Saver

世界中に多くのユーザーを持つ、人気のアンドロイド向け無料節電アプリ。

スマホの起動中、バックグラウンドで作動しバッテリーを消費しているアプリを見つけては停止し、バッテリーの寿命を長持ちさせます。

またバッテリーの使用状況に合わせて、モードを選択してくれるので難しい操作は不要。

使用していない時にバッテリーを消費するすべてのアプリの状態をモニタリングし、電力消費量の大きいアプリをユーザーにお知らせ。

アプリの取捨選択に役立てることができるので、節電意識も高まりますよね。

スマート電力管理モードやコントロール機能を利用し、総合的なバッテリーの悩みを解決しましょう。

Power Battery

節電モードのカスタマイズや使用中のアプリの最適化を行い、スマホをスリム化することでバッテリーの消耗を抑える節電アプリ。

残りの電池使用時間やアプリによるバッテリー消耗を見積もってくれるので、自然と節電に対する意識を高められそうです。

1タップ節電を利用すれば、あとどれくらい利用時間を延長できるかも一目瞭然なので、急に電源が落ちて困るなんてことも防げますね。

節電で長時間利用を実現するために、Wi-Fiのオンオフ、画面タイムアウトなどモードのカスタマイズもでき、多角的なバッテリー保護が可能です。

節電♪長持ちバッテリー

可愛らしいキャラクターのアプリデザインが目をひく、アンドロイド向け節電アプリ。

こちらのアプリの特徴はスマホのスリープモード中に通信回線を切断し、電池消費量を根本から削減可能なこと。

バッテリーの節約に繋がる設定変更が簡単に行えるので、今の設定が電池を浪費する設定なのか否かも一目でわかり、節電へのモチベーションが上がりますね。

またメモリを定期的に掃除し、スマホの動作もサクサク快適

バッテリー残量が少なくなったら通知してくれる機能が備わっているので、こまめに充電をしてバッテリーを長持ちさせましょう。

バッテリーHD2

アンドロイド向けの節電アプリの充実度合いに比べ、残念ながらiPhoneの節電アプリは数自体がまだまだ少ないのが現状です。

その中でもこちらは、iPhone向けの希少な節電アプリ。

音楽視聴やゲームなど機能ごとに残りのバッテリー使用時間を表示してくれるので、自分で取捨選択しながらスマホを使うことが可能です。

動作を行うにあたって不必要な機能をユーザーが考えながらオフにできるので、意識が高まるうえ何を削れば節約に繋がるのかも一目瞭然。

充電記録機能を使いバッテリーを賢く使って、節電に対する知識をどんどん深めていきましょう。

Bataria

バッテリーを節電したいけど何をすれば節電に繋がるのか、よく分からないという人は多いはずです。

こちらのアプリは1タップで、スマホの各種デバイスのバッテリー使用量をコントロール

Wi-FiやBluetoothなど使わない設定をまとめてオフにしたりと、必要に応じてエネルギーを節約できるのが特徴です。

現在起動しているアプリがどれくらいメモリを使っているかなどもチェックでき、自然と節電への意識も高まります。

自分が普段何気なく使っているアプリのメモリ使用量やバッテリーの消費量をこのアプリを利用して見直し、節電に役立てていきたいですね。

GO Power Master

自分好みにカスタマイズもできる、さまざまな節電モードの選択肢が人気のアプリ。

バッテリーを消耗しがちなインターネット接続やラジオ、画面の明るさなどさまざまなプログラムをコントロールし、同期やバイブ、タッチのオンオフなど10項目を自在に設定

ワンクリックでバッテリーの消費を最適化し、作業をシンプルにしてくれるのもユーザーにとっては嬉しいメリット。

「節電モード」をカスタマイズし、省エネながらサクサク使いやすい自分だけのスマホを作ってみませんか?

充電メンテナンスのおかげで、バッテリーの安全と健康が長く保てる点も有り難いですよね。

GO バッテリープローバッテリーセーバー

一般的にシンプルで単機能なバッテリー最適化アプリが多い中、これは豊富な機能がそろっている点が魅力的なアプリ。

電力節約モード、スマートセービング、充電ブーストなどの多角的な機能で徹底的にバッテリーを節電します。

モードによって節電レベルを選べるので、自分なりに作業に支障のない節電がかなうのも嬉しいポイント。

電源利用の多いアプリや一日の消費電力の推移が一目で分かるので、自分でも意識していなかった思わぬ落とし穴に気付けるかもしれませんよ。

必要のないジャンクファイルは積極的に削除し、容量オーバー気味のスマホのスリム化に役立てましょう。

まとめ

便利になればなるほど、どうしても負担が大きくなるスマホのバッテリー

大事なデータが詰まっているアイテムだからこそ頻繁に交換するのも躊躇しますし、メンテナンスに出すのも面倒ですよね。

スマホとストレスなく付き合いたいのなら普段からスマホのみに負担をかけすぎず、極力スマホに優しい使い方をしてあげること。

壊れたり動かなくなったりしてしまってからでは遅いわけで、それ以前に自己防衛策を徹底することが必要なのです。

幸いなことに、無料にもかかわらず優良な節電アプリも多く登場している昨今。

この機会に今一度自分のスマホの使い方を見直し、節電ライフを目指してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です